カンタン30秒
カーナビを買取査定

姓名
ふりがな
  • 次のステップへ
都道府県
電話番号
(ハイフン無し)
  • 戻る
  • 次のステップへ
ご希望の買取方法
(個人情報の取り扱いについて)

  • 戻る

更新日
2021.12.17.

カーナビの買取相場を人気メーカー別に解説

通話料無料・まずはお電話ください。
受付時間/9:00~20:00[年中無休]

使わなくなったカーナビを処分するとき、捨てずに売れると嬉しいですよね。中古カーナビを売った分を、新たなカーナビ代にするのも良いでしょう。

そこでこの記事では、カーナビの買取相場をまとめ、少しでも高く売るためのコツを合わせて紹介しています。

処分したいカーナビのメーカーや型番をチェックし、買取に出す時の参考にしてみてください。

カーナビの買取相場一覧表

種類豊富なカーナビの中から、人気メーカーの買取相場一覧表をつくりました。

いくらで売れそうか確認してみましょう。

メーカー 商品名 型番 買取相場
パナソニック CN-〇〇 ~30,000円
パイオニア ~15,000円
イクリプス 3,000~54,000円
ケンウッド 彩速 MDV-〇〇 17,000~35,000円
クラリオン NX〇〇 ~20,000円

高額な買取額が期待できるカーナビの人気メーカー

カーナビの中でも人気のあるメーカー製品は、高く売れる可能性があります。

数あるメーカーの中から、人気メーカーの特徴と買取相場を簡単に説明します。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの中古カーナビの買取相場は高額なもので30,000円程度です。

パナソニックのカーナビの種類は、HDDタイプ・SSタイプ・ポータブルタイプがあります。

中でもポータブルタイプのGorillaシリーズは有名で、シリーズ内の液晶画面サイズも大小豊富です。

パイオニア(Pioneer)

中古のパイオニアのカーナビは、15,000円の買取例があります。

パイオニアのカーナビは、サイバーナビ・楽ナビ・エアーナビ・EV用ナビの4種類にわかれます。

ポータブルナビや電動自動車用、テレビやDVDが見られる物など種類が豊富で、中には実際の風景のような映像が流れるカーナビもあります。

イクリプス(ECLIPSE)

イクリプスの中古カーナビは、3,000~54,000円程度が買取相場です。

デンソーテンのカーナビ「イクリプス」は、運転中ずっとサポートするため危険運転に遭遇しても心強い製品です。

機能性だけでなくデザイン性も備えたシリーズもあり、使いやすさや安全性、デザイン性で選べます。

ケンウッド(Kenwood)

中古のケンウッド製カーナビは、買取相場が17,000~35,000円ほどです。

オーディオ機器メーカーのケンウッド製カーナビは、音へのこだわりがあります。

走行スピードに合わせて音量の自動に上がる機能があり、走行音による音の聞こえにくさを防ぎます。

オーディオとナビ一体型の場合、音質が下がりやすいですが、ケンウッド製のカーナビは音質が下がらない設計になっています。

クラリオン(Clarion)

中古のクラリオン製カーナビは、20,000円程度で買い取られた例があります。

クラリオンのカーナビは、一般的な家庭用以外に業務用も扱っています。

タクシーやトラック、商用車に取り付けやすいよう、

などの機能があります。

一般向けのカーナビよりも業務用を選んだ方が、仕事の効率化に役立ちます。

高価買取になりやすいカーナビの特徴

売りたい中古カーナビが人気メーカーかどうかの他に、高価買取になりやすい特徴があります。

手持ちのカーナビがひとつでも多くクリアしているか、チェックしましょう。

SSDストレージを内蔵している

SSDストレージを内蔵しているカーナビは高く売れやすいでしょう。

SSDとはソリッドステートドライブの略で、簡単に説明すると通常のハードディスクより気道・読み込み速度が速い記憶装置です。

など、カーナビに要望がある人に求められます。

パナソニックのストラーダシリーズやパナソニックのGorillaシリーズなどに見られる特徴です。

内蔵HDDのストレージ容量が大きい

カーナビ内蔵の容量も買取価格を左右し、容量が大きいほど高値を期待できます。

一般的なHDDはそれほど容量が大きくないため、型落ちした大容量のカーナビの方が高く売れるケースもあります。

年式は古いもののストレージ容量が十分なカーナビは、一度査定に出してみましょう。

フルセグやワンセグを搭載

カーナビは最新機種で高性能を備えた製品が、高価買取されやすくなります。

地デジ対応のフルセグやワンセグを搭載は、カーナビを高く売るためにはほぼ必須の条件です。

フルセグの方が定価は高額のため、買取額もワンセグより高くなりがちです。

設置範囲が広い

カーナビの形状は取り付ける車の内装や車種により、適切なタイプが異なります。

そのためどのタイプが最も人気と決めにくいですが、設置範囲の広いタイプは人気があります。

取り付け・取り外しの簡単なタイプを購入し、もし付属のコードなどを使わなかった場合、捨てずに保存しておくと売りに出すとき役立つでしょう。

カーナビを売る際は初期化を忘れずに!

カーナビを売る前に必ず初期化し、使用時の情報が残っていないか確かめましょう。

カーナビを使う多くの人は便利さから自宅を登録しますが、そのまま残すと悪用されるかもしれません。

他にもよく出かける実家や親戚の家、友達の家などを登録していると、自分以外の人に迷惑がかかる可能性もあります。

カーナビの初期化方法は機種によりさまざまなため、購入時についていた取扱説明書を確認しましょう。メーカーの公式ホームページから、初期化マニュアルを入手できる場合もあります。

カーナビ初期化の一例を紹介すると、メニューや設定ボタンからナビの共通設定を選び、個人情報初期化ボタンを押せばOKです。

搭載のカーナビが後付けの場合は初期化メニューがない物もあり、その場合は目的地や地点登録などをひとつずつ手動で消去しましょう。

カーナビを高く売るためのコツ

使わなくなったカーナビを1円でも高く買い取ってもらうため、事前にできる4つの工夫があります。

コツを押さえてできる限りの行動をとってから、査定に出しましょう。

ハーネスと一緒に売却する

カーナビ購入時についていたハーネスをセットにして売ると、買取価格が上がりやすいです。

車両へカーナビを取り付けるためにハーネスは不可欠で、もしなくても売却はできますが買取額は下がるでしょう。

ない場合は購入者が改めてハーネスを用意する必要があり、需要が落ちるためです。ハーネスには種類があり、知識がなければ合う製品を見つけることも大変です。

手元にハーネスがあれば必ず売りたいカーナビと一緒に、査定へ出しましょう。購入時には、使わなければ箱と共に保管をおすすめします。

なるべく早めに売却する

カーナビは新作の発売スピードが早く、毎年たくさんの商品が登場します。売りたいと思ったとき、すぐに買い取ってもらいましょう。

「もしかすると使うかも?」と保管している間に次々と新商品が登場し、手元のカーナビの買取価格が下がる可能性があります。

カーナビの売却を考えたときは早めに査定へ出しましょう。

地図プログラムを更新しておく

カーナビを売却する時は、地図を最新版に更新してから査定に出しましょう

地図情報は常に更新されるため、自動更新の場合は不要ですが手動の場合は忘れずに更新することをおすすめします。

カーナビの新品購入後、3年以降の更新は有料のため、費用をかけずそのまま売却する方法もあります。地図データの新しさで買取額は変わるため、無料期間内であれば更新がおすすめです。

買取専門店で査定を依頼する

使わなくなったカーナビの売却先は、買取専門店を選びましょう。

中古品の買取ショップは多数ありますが、売る物が複数ある場合は買取専門店の方が査定総額アップを期待できます。

買取専門店はカーナビの他に、家電製品・宝石・着物・玩具などあらゆる製品の買取をしています。

処分したい物をできるだけ多く集めてカーナビと共に買取専門店へ出すと、店側は何度も買取作業をする手間を省けます。

その分、買取価格に加味してくれる可能性があるためです。売却を考える買取専門店のホームページで取扱品を確かめ、カーナビとあわせて持ち込みましょう。

骨董品バイヤー
安彦 秀紀

鑑定士として約6年。月約50~70件の出張買取を担当。 まだ業界でも数少ない「骨董品」の買取を得意とする、全店舗の買取部の責任者。
趣味も「美術館巡り」と、プライベートでも鑑定士としての目を養い、古美術品の深みにはまっております。

現在は出張買取だけでなく、骨董品についての勉強会を定期的に実施し、スタッフの骨董品の鑑定力のレベルアップに向けて邁進中。
また骨董品のオークションの振り師の経験もあり古美術業界にも精通しております。
お問い合わせ・ご相談・無料お見積もりもご依頼は