カンタン30秒
ボッテガヴェネタを買取査定

姓名
ふりがな
  • 次のステップへ
電話番号
(ハイフン無し)
都道府県
  • 戻る
  • 次のステップへ
ご希望の買取方法
(個人情報の取り扱いについて)

  • 戻る

更新日
2021.08.16.

ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)の買取相場を解説

通話料無料・まずはお電話ください。
受付時間/9:00~20:00[年中無休]

使わなくなってしまったボッテガヴェネタを売りたい方も多いのではないでしょうか。

ボッテガヴェネタは高品質なレザーや使いやすいデザインが魅力のブランドです。イントレチャートという定番のデザインは特に買取市場でも高い需要があります。

そこで、この記事ではボッテガヴェネタの人気モデルや買取相場、高額査定のポイントや注意点について詳しく解説します。

ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)の買取相場一覧表

まずは、主なボッテガヴェネタ製品について買取相場をアイテム別に解説します。

バッグの買取価格表

バッグで人気が高いのは、やはり一目見ただけでボッテガヴェネタとわかる、イントレチャートを使用したものです。

モデル 商品名 買取相場
ローマ スモール 4万円~12万円
イントレッチオミラージュ トートバッグ 2万円~8万円
マルコポーロ レザー×PVC トートバッグ 3万円~6万5千円
オリンピア ショルダーバッグ スモール 7万円~11万円

バッグは平均して8万円前後、高価なバッグであれば数十万円で買取されます。

財布・キーケースの買取価格表

財布やキーケースの相場は次の通りです。

モデル 商品名 買取相場
スコルピート ラウンドジップ長財布 10万円~30万円
イントレチャート 二ツ折長財布 3千円~3万円
クロコ キーリング 3千円~1万円

このように、人気のモデルや元が高価なモデルは数十万円で買取される品も多い一方、数千円~2万円程度の品も多くあります。

ヴィンテージアイテムの買取相場

ヴィンテージアイテムはたとえバッグであっても買取価格がかなり低めです。現在のボッテガヴェネタアイテムの方が人気が高く、ヴィンテージは需要があまりないためです。

そのため、買取価格は高くても数千円程度になってしまいます。

寝かせておいても価格が上がるとは考えにくいため、現在とは異なるロゴの入ったヴィンテージアイテムは早めの売却をおすすめします。

買取相場が高いボッテガヴェネタバッグの人気モデル

ボッテガヴェネタといえば、イントレチャートと呼ばれる編み込みデザインの製品が高い人気を得ています。その他にも、次のラインは特に人気が高いので、所持しているなら高額査定のチャンスです。

ローマバッグ

ローマバックはボッテガヴェネタのアイコンバッグです。人気のイントレチャートを使用しており、流行を問わず使い続けられるシンプルなデザインが好評を得ています。

コンパートメントが3つに分かれ、横から見るとアコーディオンのように広がるのも特徴です。広いマチを3分割しているので、荷物をたっぷりと機能的に収納できます。

イントレッチオミラージュ

イントレッチオミラージュは、人気のイントレチャートの編み込みパターンを1枚のレザーに刻印して作られています。

イントレチャートと違い細長い革を実際に編んでいるわけではないので、イントレチャートほどの凹凸はなく滑らかな仕上がりです。

鮮やかな色のバッグも多くラインナップされており、定番の黒やベージュの他にもピンクやブルー、ゴールドなどのモデルが多いです。

マルコポーロ

マルコポーロのバッグはPVC(塩化ビニール)でできているのが特徴です。

本革と違って雨に濡れたりぶつかったりしても生地が傷みにくく、価格も安いので、普段使いにはぴったりの製品といえます。

他のブランドだとバッグにロゴを入れていますが、ボッテガヴェネタはロゴを表面に取り入れるデザインにはしていません。

代わりに、持ち手の部分にイントレチャートのパターンを採用してボッテガヴェネタの製品だとわかるようにしています。

ザ・ポーチ

「ザ・ポーチ」は、ボッテガヴェネタでも特に人気の高いラインの1つです。

名前の通りポーチ、すなわち巾着のような、ゆったりと丸い形のフォルムがセレブを中心に多くの人を魅了しています。

持ち手はなく、あえて手で抱えるのがザ・ポーチのスタイルです。かわいらしくもシンプルなため、柄や色などのバリエーションも豊富にあります。

使いやすいブラックやベージュの他にも、ブルーやイエロー、グリーン、レッド、中にはメタリックカラーやアニマル柄の製品も存在しています。

オリンピアバッグ

オリンピアバッグはボッテガヴェネタの定番バッグの1つです。毎年素材やカラーをがらりと変えて発売されるので、ファンやコレクターから高い人気があります。

デザインもシンプルで使いやすく機能的なので、世代を問わず愛されているバッグです。

名前の「オリンピア」はイタリアの建築家が設計した劇場「テアトロ・オリンピコ」を由来としています。

ボロボロでも買取可能?ボッテガヴェネタ買取可否の目安

人によっては、所持しているボッテガヴェネタ製品がボロボロだったり、付属品が欠品していたりして本当に買い取ってもらえるのか不安なケースもあるかもしれません。

そこで、ボッテガヴェネタの買取可否基準についてケースごとに解説します。

保証書なし・付属品なし

ほとんどのお店で、保証書なし・付属品なしの状態でもボッテガヴェネタ買取は可能です。

あるべきものがないとその分買取価格が下がってしまうため、もし家の中にあるはずなのに見つからない、というだけであれば探し出しておきましょう。

ギャランティーカードはもともと発行されない
ブランドものにはつきもののギャランティーカードは、ボッテガヴェネタにおいて発行していません。
数字の書かれた紙を購入時にもらった場合、それは修理用のカードでシリアルナンバーではないため注意しましょう。

古いモデル・中古品

ボッテガヴェネタにおける流行遅れの古いモデルや中古品も、もちろん買取可能です。

ただ、ボッテガヴェネタの場合ヴィンテージものの価値はそれほどないため、古いモデルにプレミアがつく可能性は限りなく低いでしょう。

特に靴のようにサイズ次第で需要が大きく変わるものは、安い価格になりやすいです。

本体がボロボロ・カビなどの汚れ

ボッテガヴェネタはボロボロだったり、汚れがひどかったりすると買取価格はかなり厳しいものになります。

もともと丈夫な作りになっているため中古では比較的綺麗な状態のものも多いです。そのため、次のような製品は相対的に買取価格も落ちやすくなります。

バッグとして使用そのものができないなど、よほどひどい状態でない限り買取そのものは可能です。

しかし、事前に自分でできる範囲でメンテナンスしておく、付属品を揃えるなど、買取価格を上げるには工夫が必要になります。

イニシャルの刻印も価格を下げる
購入時にイニシャルの刻印をお願いした製品の場合、買い手にとっては他人の名前がバッグに入っているようなものなので、買取価格は下がりやすくなります。

ボッテガヴェネタを高額買取してもらうコツ

ボッテガヴェネタを高額で買取してもらうためには、いくつか売却前に注意点があります。次のことを意識しておきましょう。

査定前にメンテナンスを行う

査定前にはメンテナンスを行っておきましょう。

買取された商品は店舗で販売する前に清掃されるのが一般的ですが、ある程度自分でメンテナンスをした方が査定時の第一印象を良くできます。

このように、簡単な自分でできる範囲で構いません。

保証書や付属品をセットにする

保証書や付属品などがある場合、すべてセットにして査定に出しましょう。中古品は新品に近いほど需要が高いため、新品に近づくように付属品を揃えるのが鉄則です。

また、ボッテガヴェネタはシャネルやプラダなど各ブランドと異なりギャランティーカードがないため、正規品であると証明できるものがあれば添付しましょう。

購入時のレシートは捨てずにとっておき、買取時に添付することをおすすめします。

できるだけ早めに査定へ出す

売りたいものがあれば、できるだけ早めに売却しましょう。基本的にブランドものは、発売から年数が経過するほど買取価格が下がります。

また、ボッテガヴェネタはヴィンテージものに価値があまりありません。長く押し入れにしまっていると、カビが発生して買取価格が大幅に下落してしまう可能性もあります。

状態が良く、需要の高いうちに売却することで高額査定が期待できます。

プロの鑑定士がいる買取専門店に依頼する

買取の依頼先にはリサイクルショップやオークションなどいくつか選択肢がありますが、その中でも買取専門店を選ぶのがおすすめです。

買取専門店にはプロの鑑定士がいるため、ボッテガヴェネタが本物かどうかはもちろん、現在の需要に合わせて正しく価値を判定してくれます。

販売ルートが多いのでボロボロの品でも買い取ってもらいやすく、ブランドものとして高値をつけてもらえるのが魅力です。

ブランドバイヤー
戸田 めぐみ

創業当初からの鑑定士。
長年、江南店店長を務め、現在では岐阜エリアの店舗をまとめる役割も担っております。

特に「ブランド」に精通。トレンド・デザイン・希少性・年代など様々な点からお客様とお品物の歴史や思い出に寄り添った丁寧な査定をいたします。
長年大切に使われてきたブランド品だからこそ、よりよい状態で次の方に繋ぐお手伝いをさせていただきます。
お問い合わせ・ご相談・無料お見積もりもご依頼は