カンタン30秒
キャンプ用品を買取査定

姓名
ふりがな
  • 次のステップへ
都道府県
電話番号
(ハイフン無し)
  • 戻る
  • 次のステップへ
ご希望の買取方法
(個人情報の取り扱いについて)

  • 戻る

更新日
2021.12.17.

キャンプ用品の買取相場をアイテム別、人気ブランド毎に紹介

通話料無料・まずはお電話ください。
受付時間/9:00~20:00[年中無休]

キャンプを最近始めた人やこれからもキャンプを続けたい人の中には、

「家族が増えて大きなテントに買い替えたい」
「新作を買いたいので今ある物を売りたい」

などと考える人もいるでしょう。

キャンプに行く機会がなくなり、まとめて処分したい人もこのページを見ているかもしれません。

キャンプ用品の売却には相場の情報収集がポイントで、売りたい人のために買取相場をまとめました。
使わなくなったキャンプ用品の買取価格チェックの参考にしてください。

キャンプ用品の買取相場一覧表

キャンプ用品人気ブランドの一部商品を、買取相場一覧表にしました。

テントやランタンなど手元にあるキャンプ用品のブランド名や商品名などを確認して、いくら位で売れそうか予想してみましょう。

ブランド 商品名 型番 買取相場
コールマン ドームST ~4,000円
コールマン ランタン 200A ~20,000円
スノーピーク アメニティドームM ~15,000円
スノーピーク ほおずき(ランタン) ~3,000円
ロゴス ナバホ teppe300 ~8,000円
モンベル テント クロノスドーム1型 [1〜2人用] ~15,000円
ノースイーグル 2,400~21,000円

テント・タープの買取相場

キャンプ用品のうち、テントとタープの買取相場は3,000~30,000円程度です。

定番ブランドのテントから新作テントまでさまざまあり、最新作に近いものほど高価買取が期待できます。その中でも人気のメーカーや定価が高いテント・タープは高額査定の可能性があります。

キャンプ用チェアの買取相場

キャンプ用チェアの中古買取相場は、2,000~30,000円ほどと幅があります。

定番のひとり用チェアやコンパクトタイプのイスでは、買取額が低めの傾向です。

ふたり以上が座れるソファタイプや、アームレスト付きのキャンプ用チェアは、買取額が上がりやすいです。その上で状態が良いと数万円で買取された例があります。

キャンプ用テーブルの買取相場

中古のキャンプ用テーブルを売った場合、1,500~18,000円程度の価格がつくようです。

キャンプ用テーブルは用途やサイズ・形により定価に幅があるため、買取額にも差が出やすいです。

例えば焚き火用テーブルは数千円での買取ですが、人気ブランドでサイズの大きい木製テーブルは査定額が上がる傾向にあります。

ランタンの買取相場

中古のキャンプ用ランタンの買取相場は、1,500~48,000円程度です。

キャンプ用ランタンの中でLEDランタンは定価も安いため買取額は上がりにくく、ホワイトガソリンが燃料の定価の高い製品は買取額が高くなりがちです。

ランタンのあかりを灯す方法も価格差に表れており、電池式より燃料式の方が高値が付いています。

寝袋・シュラフの買取相場

キャンプ用品の寝袋やシュラフは、7,000~25,000円が中古買取相場です。

状態の良い寝袋・シュラフは高価買取を期待できますが、定価によりそれほど上がらない場合もあります。

アウトドア目的以外に防災用品にも使える寝袋とシュラフは、需要が高まっています。人が密集するレジャー施設よりアウトドアを選ぶ人が増えたことも、寝袋・シュラフの需要増に関係している可能性があります。

効果買取が期待できるキャンプ用品の人気ブランド

キャンプ用品の中で、高価買取を期待できる人気のアウトドアブランドを紹介します。人気ブランドの特徴と買取相場を簡単に解説するため、手元のキャンプ用品はどの位の価格になりそうか予想しましょう。

コールマン(Coleman)

コールマンのキャンプ用品の中古買取相場は、10,000~60,000円程度です。

コールマンは1976年創業、東京に本社を置くアウトドア用品の製造・輸入・販売メーカーです。

アウトドアで生まれる心のつながりを大切に、アウトドアを快適に楽しめる製品をつくっています。

スノーピーク(snow peak)

スノーピークはオートキャンプ向けの、ハイエンドなキャンプ用品を開発・製造・販売するメーカーです。エルフィールド、ランドロックなど人気のスノーピーク商品を含む買取相場は、10,000円~20,000円前後です。

本社は新潟県三条市の、自然豊かな丘陵地に建っています。広い自然とキャンプを楽しむ人々と向き合って、スノーピークらしい独創的な商品を生み出しています。

ロゴス(LOGOS)

家族で楽しめることを目指すロゴスのキャンプ用品は、中古買取相場が2,000円~5,000円前後になっています。

「海辺5メートルから標高800メートル」のものづくりがモットーのロゴスは、幅広いエリアで使えるアウトドア用品を提供しています。

ロゴスは耐水性の強い雨具・テント・タープなどが特徴で、人気のアクションカメラにも注目が集まりました。

モンベル(mont-bell)

モンベルのテントや寝袋などキャンプ用品の買取相場は、8,000~37,000円程度です。

登山ブランドのモンベルは機能美と軽量さ、迅速さを大切にした商品開発を行っています。

登山に必要なアイテムを幅広く取り揃え、特にテントやシュラフ、登山靴で人気があります。

ノースイーグル(North Eagle)

ノースイーグルが扱うキャンプ用品の中古買取相場は、2,400~21,000円になっています。

ノースイーグルは本社を北海道に置く、株式会社ナニワのキャンプ用品ブランドです。

メジャーのキャンプ用品ブランドより定価の安さが特徴で、買取価格はあまり上がらないでしょう。

古いキャンプ用品でも売れる?買取可否を決めるポイント

実は古いキャンプ用品でも、買取可能なケースがあります。この章では、汚れやキズのある古いキャンプ用品の買取可・不可ポイントを紹介します。

買取可能なキャンプ用品の特徴

売りたいキャンプ用品が古い物であっても、以下のケースであれば買取できるケースが多くなっています。

キズや汚れを買取店で手入れすればきれいになる物、修理で動作の不備が改善しそうな物と店側が判断すると、買取の可能性が高まります。

付属品や箱がなくても購入したい人はいるため、査定額は下がるものの、箱なしが原因で買取不可になる可能性は低いです。

買取不可のキャンプ用品の特徴

キズや汚れ、動作の不具合があったとしても買取可能な場合はありますが、あまりに状態が悪いときは買取を断られます。

などのキャンプ用品は、買取不可になる可能性が高いです。

キャンプ用品を高く売るコツ

使わなくなったキャンプ用品を少しでも高い価格で売るには、その前の行動が大切です。

査定前に行うおすすめのコツを紹介するため、できる限り取り組んでみてください。

付属品を揃えた状態で売却する

付属品が揃っている状態で査定に出すと、買取価格が上がる傾向にあります。キャンプ用品の付属品とは、以下のものを指します。

基本的にはキャンプ用品そのものを使うときに直接使わない物です。そのため使い始めると外箱などを処分する人は多く、箱などのある状態で査定に出すケースが少ないため、付属品があると高値がつきやすいです。

売却するタイミングに注意する

夏にキャンプを楽しむ人は多く、初夏頃からキャンプ用品の需要が高まります。その頃、または少し前に買取店はキャンプ用品の在庫を増やしたいため、積極的に買取をします。

売りたいときにすぐ売らず、初夏の時期を待って査定に出すと通常よりも高価買取になる可能性があります。

ただし、キャンプ用品を丁寧に手入れせず放置すると、カビの発生や変色が起きる恐れがあり、心配な場合は早めの売却を選んでもかまいません。新製品が発売されると旧製品が値下げされ、買取額も下がる場合があり、なるべく早い売却が良いケースもあります。

買取専門店で査定を依頼する

売りたいキャンプ用品の持ち込み先を買取専門店にすると、査定額アップの可能性があります。

複数のキャンプ用品を処分したいときや、他にも片付けたい物がいくつもある場合は、まとめて出すと総査定額へのプラスが期待できます。

可能な限り多くの商品を出すと、買取の手間をかけずにすむメリットが店側にあり、その分買取額へ反映されます。

ブランドバイヤー
戸田 めぐみ

創業当初からの鑑定士。
長年、江南店店長を務め、現在では岐阜エリアの店舗をまとめる役割も担っております。

特に「ブランド」に精通。トレンド・デザイン・希少性・年代など様々な点からお客様とお品物の歴史や思い出に寄り添った丁寧な査定をいたします。
長年大切に使われてきたブランド品だからこそ、よりよい状態で次の方に繋ぐお手伝いをさせていただきます。
お問い合わせ・ご相談・無料お見積もりもご依頼は