カンタン30秒
翡翠の買取査定

姓名
ふりがな
  • 次のステップへ
電話番号
(ハイフン無し)
都道府県
  • 戻る
  • 次のステップへ
ご希望の買取方法
(個人情報の取り扱いについて)

  • 戻る

更新日
2021.06.22.

翡翠の買取相場と高く売るコツを解説

通話料無料・まずはお電話ください。
受付時間/9:00~20:00[年中無休]

翡翠ははるか昔から愛されてきた宝石で、「富と権力の象徴」とも言われています。

その独特の深く美しい色合いは、多くの人々を虜にしてきました。

翡翠を使った装飾品も多く、家の押し入れの中に眠っているので査定に出したいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、翡翠は様々な種類がありどれが高額なのか価値がわからず悩みがちです。

そこで、翡翠原石やネックレス、指輪などの買取相場や翡翠の特徴、真贋の見分け方などについて紹介します。

【アイテム別】グリーン翡翠・ラベンダー翡翠の買取相場一覧表

まずは翡翠の中でも特に価値が高いと言われる、グリーン翡翠やラベンダー翡翠の買取について解説します。

アイテム別に買取相場の一例としては次の通りです。

アイテム名 カラー 買取相場
指輪 ラベンダー 2~200万円
ネックレス グリーン 2~400万円
ブレスレット グリーン 1~10万円
バングル グリーン 2~35万円

グリーン翡翠の買取価格表

グリーン翡翠のカラットあたりの相場が次の表です。

カラット/クラス S A B C D
1ct 30,000~
50,000円
20,000~
25,000円
10,000~
15,000円
2,000~
5,000円
500~
1,000円
5ct 500,000~
1,000,000円
200,000~
350,000円
100,000~
150,000円
20,000~
25,000円
2,000~
2,500円
10ct 2,000,000~
2,500,000円
1,000,000~
1,500,000円
200,000~
600,000円
100,000~
150,000円
10,000~
15,000円

グリーン翡翠は人気が高く、10ct以上になると数百万の値段がつくなど価格高騰しています。

一方、カラット数の小さいものは高いクラスのものでも比較的安価です。

ラベンダー翡翠の買取価格表

続いて、ラベンダー翡翠のカラットあたりの相場が次の表です。

カラット/クラス S A B C D
1ct 20,000~
30,000円
3,000~
5,000円
2,000~
7,000円
2,000~
5,000円
300~
500円
5ct 60,000~
100,000円
50,000~
60,000円
20,000~
50,000円
7,000~
10,000円
300~
500円
10ct 300,000~
400,000円
200,000~
300,000円
50,000~
90,000円
10,000~
250,000円
2,000円

ラベンダー翡翠はグリーン翡翠に比べるとはるかに安い価格推移を見せており、高くても数十万円程度です。

【クラス別】翡翠の買取相場一覧表

翡翠は同じカラット数でも、品質による買取価格の差が大きいのが特徴です。

たとえば同じ3ctの翡翠を買取した場合、クラスによって相場は以下のようになります。

クラス 買取価格
S 200,000円
C 2,000円

このように、高品質な翡翠は数十万の値段がつくものの、それほど品質の高くない一般的な翡翠はわずか数千円と、同じカラット数で100倍もの差がつきます。

翡翠原石の価値はどう決まる?評価基準は3つ

では、具体的に翡翠の価値とはどのように決まるのか、評価の基準について解説します。

翡翠の価値は、次の3つの要素によって決まります。

翡翠の種類や質

翡翠の価値を左右するのが、翡翠そのものの種類です。

翡翠は実は2種類存在し、それぞれジェダイト(硬玉)とネフライト(軟玉)と呼ばれます。

硬玉と軟玉とある通り、それぞれ硬度が異なる石です。

この2つには、他にも次のような違いがあります。

ジェダイト(硬玉)

ジェダイトはミャンマーを中心に産出される石で、はるか昔から宝飾品として珍重されてきました。

王侯貴族や富豪が好んで手に入れようとする翡翠とは、ジェダイトのことです。

「本ヒスイ」と呼ばれることもあります。

光に透かして見たとき、表面の黒い繊維がほぼ直角に交わっていればジェダイト、斜めならネフライトです。

ネフライト(軟玉)

中国を中心に産出されるのが、ネフライトです。

ネフライトは透閃石で、実はジェダイト(ヒスイ輝石)とは全く別の鉱物に分類されます。

ネフライトはジェダイトより産出量が多く、安価なものが多いです。

世界的にもジェダイトの方が価値が高いと見なされていますが、中国国内では白色のネフライト「羊脂玉」はジェダイトと同様、非常に高い価値をもつ宝石として扱われます。

翡翠の色

翡翠の色も価値を決める重要な要素です。

翡翠といえば美しい緑色を連想される方も多いでしょう。

しかし、翡翠には緑の他にも、白やピンク、オレンジや黒などあらゆる色があります。

これは翡翠を作る原石の成分に、鉄やクロムが混ざると色が変わるためです。

ただし、高価買取が期待できるのは翡翠の定番であるグリーンと、ラベンダー(紫)のみです。

その他の色は宝石としては価値を見込めません。

また、色の濃淡は国によって人気が異なり、たとえば日本では濃色が、中国では明色が好まれます。

翡翠の透明度

翡翠は石によって透明度が異なり、透明度の高いものは非常に高い金額で取引されます。

特に紫色の翡翠は、緑色の翡翠より透明度が高くなる確率が低いため、さらに高額です。

通常の翡翠は完全な不透明~半透明で、まったくの透明にはなりません。

最高級のジェダイトは、本の上に置いたとき、石を通して文字が読めるほどだと言われています。

濃い色の石でも、透明度が高ければ文字が読めます。

最高品質の翡翠・琅玕(ろうかん)

透明な翡翠の中でも、特に評価が高いのが「琅玕(ろうかん)」、もしくは「インペリアルジェード」と呼ばれる翡翠です。

琅玕は次の3つを基準に判定されます。

琅玕は非常に価値が高く、ものによってはダイヤモンドよりも高い価格で取引されます。

同じ大きさであっても価格は他の翡翠と全く異なり、1粒で最低数十万円、中には1億円以上の値段がついたものもあるほどです。

翡翠の本物と偽物の見分け方

翡翠を査定してもらう上で、注意したいのがその真贋です。

鑑別書がついている場合は本物だという根拠がありますが、ない場合は偽物の可能性も考慮しなければなりません。

ここでは、本物と偽物の見分け方について解説します。

偽物の翡翠とは?

翡翠は人口的な処理を加えやすいこともあり、美しく見えるように加工された偽物が多く出回っています。

偽物には次の3種類があります。

様々な方法で偽物が作られており、中にはプロであっても経験が浅いと見抜けないレベルの精巧な偽物も多数存在します。

お手持ちの翡翠が本物かどうか気になった場合は、経験豊富な専門の鑑定士に見てもらいましょう。

偽物の翡翠の特徴

偽物にも様々なものがありますが、一部の質の悪い偽物は素人でも判別できます。

偽物かどうかの見分け方としては、次の点をチェックすると良いでしょう。

上記のいずれかに当てはまるものは偽物の可能性があります。

ただし、基本的にはプロに鑑定してもらうのが確実です。

翡翠をより高く買い取ってもらうコツ

翡翠を買い取ってもらう場合、いくつかのポイントを踏まえておくことで、より高値がつきやすくなります。

高く買い取ってもらうためには、次のことに注意しましょう。

鑑別書や付属品をセットにする

翡翠に付属する品は全てセットにして査定に出しましょう。

翡翠を収納している箱や袋はもちろん、あれば購入時の領収書もつけておくと好印象です。

中でも、鑑別書の有無は翡翠の査定金額に大きく関わります。

鑑別書は翡翠の産地や透明度など、翡翠の品質を記したもので、その翡翠が本物であると証明するものです。

鑑別書がなくても査定は可能ですが、時間がかかったり、査定価格が下がったりしやすいため、必ずつけておきましょう。

保管方法に注意する

翡翠は常に正しい方法での保管を心がけ、その価値を損なわないようにしましょう。

実は翡翠は乾燥に弱いと言われています。

乾燥すると変色の原因になるため、直射日光の当たる場所や湿度の低すぎる場所での保管は避けた方が賢明です。

また、ネックレスや指輪などとして普段使いしている場合は、使用した後化粧品などの汚れを拭き取っておくといったように、細かなメンテナンスも忘れないようにしましょう。

翡翠に合った手入れを行う

翡翠は乾燥に弱いため、乾燥を防ぐための手入れをすると美しく高い価値を保てます。

乾燥を防ぐにはいくつか方法があります。1つは定期的に水洗いすることです。

もう1つは、オリーブオイルを薄く塗り込み、保湿する方法があります。

オリーブオイルを使うのが心配な方は、毎日手で触ると手の脂が移り、乾燥を防げるのでおすすめです。

ただし、査定前にはやわらかい布で脂の汚れを拭き取っておきましょう。

実績豊富な買取専門店に依頼する

翡翠を買取に出すときは、リサイクルショップではなく専門の買取店に依頼しましょう。

買取を専門に扱う店では、プロの鑑定士が翡翠の価値を判断してくれるため正確な査定が可能です。

また、買取専門であることから買い取った後の販路をしっかり確保しているため、他の業者よりも高価買取が期待できます。

骨董品バイヤー
安彦 秀紀

鑑定士として約6年。月約50~70件の出張買取を担当。 まだ業界でも数少ない「骨董品」の買取を得意とする、全店舗の買取部の責任者。
趣味も「美術館巡り」と、プライベートでも鑑定士としての目を養い、古美術品の深みにはまっております。

現在は出張買取だけでなく、骨董品についての勉強会を定期的に実施し、スタッフの骨董品の鑑定力のレベルアップに向けて邁進中。
また骨董品のオークションの振り師の経験もあり古美術業界にも精通しております。
お問い合わせ・ご相談・無料お見積もりもご依頼は