カンタン30秒
着物を買取【無料】

お名前
(カナ)
電話番号
(ハイフン無し)
  • 次のステップへ
ご希望の買取方法
  • 戻る
  • 次のステップへ
お住まいのエリア
(個人情報の取り扱いについて)

  • 戻る

更新日
2022.04.28.

着物の買取相場を種類別・素材別に紹介!トラブルを避ける注意点も解説

通話料無料・まずはお電話ください。
受付時間/9:00~19:00[年中無休]

「一度着たものの着る機会のない着物がある」

「たくさんある着物をまとめて売りたい」

着物の処分方法のひとつに、買取店で売る方法があります。

買取店により査定額はさまざまのため、着物の売却で役立つ買取相場の情報をまとめました。

他にも着物を売るときの注意点やあわせて売るおすすめの和装小物、高く売るコツも紹介します。

【着物の種類別】買取相場一覧表

着物の種類別で買取相場一覧表を作成しました。

着物の種類 買取相場 画像
訪問着 10,000~30,000円 訪問着
振袖 10,000~40,000円 振袖
黒留袖 2,000~30,000円 黒振袖
色留袖 3,000~30,000円 色振袖
付け下げ 2,000~6,000円 付け下げ
色無地 500~50,000円 色無地
3,000~100,000円 紬
浴衣 0~5,000円 浴衣
白無垢 50,000~100,000円 白無垢
色打掛 50,000~100,000円 色打掛
喪服 500~2,000円 喪服
小紋  ~5,000円 小紋

売却を考える着物のタイプを確認して、どのくらいの価格になりそうか予想してみましょう。

【着物の素材別】買取相場一覧表

着物は使われた素材が買取額に関わるため、素材別の買取一覧表を作りました。

着物の種類とあわせて、素材も確認しましょう。

着物の素材 買取相場 画像
正絹 10,000~100,000円 絹
100~1,000円 麻
宮古上布(麻) ~200,000円
小地谷縮(麻) ~5,000円
ポリエステルやウール 10~20円 ウール

同じ素材の中でも、宮古上布など名前の付いた高級品は査定額が大きくアップする傾向にあります。

種類別の着物解説

着物と簡単に言っても、素材やデザイン、着用シーンによってさまざまな種類があります。

どのようなバリエーションがあるのか知っておきましょう。着物の種類別に解説します。

訪問着

訪問着

訪問着は社交用として、既婚と未婚に関係なく幅広いシーンに対応できます。紋を入れることで女性のセミフォーマル、準礼装となる服装です。

訪問着は、仮仕立てをしてから縫い目で繋がるように柄付けされ、左胸にも柄が入ります。これは「絵羽(えば)付け模様」と呼ばれ、上半身から裾まで豪華な模様が施されることが大きな特徴です。冠婚祭からパーティー、茶道と利用できる場面が多い着物です。

振袖

振袖
振袖は未婚の女性が着る第一礼装です。袖が長いものが格調高いとされ、袖の長さによって長い順に大振袖と中振袖、小振袖に分かれます。一番格式が高いのが大振袖で、結婚式で花嫁衣装としても使用される振袖です。

振袖は仮仕立てをしてから柄が描かれるので、全体では一枚絵のような総模様が構成されます。振袖を着用するシーンは、結婚式や披露宴、成人式、卒業式等です。

華やかで美しい柄の振袖は、おめでたい席を鮮やかに彩ってくれるでしょう。

白無垢

白無垢

白無垢は打掛や掛下、小物に至るまで白で統一した着物です。和装の婚礼衣装の中で、最も格式が高い正礼装が白無垢とされています。

神様に仕える人々の衣装が白いことから、邪気を払って、神聖な儀式に臨むときの衣装とされたことが花嫁衣装となった由来です。その厳粛な雰囲気は他の着物では演出できないものといえるでしょう。

色打掛

色打掛

色打掛は、打掛や小物に美しい色彩が使われた装いです。現代では、正装として和装の結婚式に使われています。

鶴亀や鳳凰といった伝統的な絵柄が描かれていることが特徴で、赤以外にもさまざまな色があります。

赤は不動の人気がある定番で「生命の色」「魔除の色」を意味する色。金色は富貴を意味する色で差し色にも使われます。また優しい雰囲気になる桃色や、純潔を意味する青も人気があります。

黒留袖

黒振袖

黒留袖は、既婚女性の第一礼装で格調高い装いです。黒字の着物に、染め抜きの五つの日向紋が大きな特徴。黒留袖の上半身は無地で裾に模様を配しています。

紋の位置は背紋(1つ)袖紋(各1つ)と抱き紋(両胸に各1つ)が配置されています。結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、既婚の親族が着る着物で、2枚重ねたように見える比翼仕立てで仕立てられています。

色留袖

色振袖

色留袖は、既婚女性の祝儀用の第一礼服です。黒留袖と同じように裾模様が美しく、地色は黒以外が用いられます。

色留袖は五つ紋を付けるのが正式ではありますが、三つ紋や一つ紋といった形式で訪問着のように多様なシーンで着用することも可能です。黒留袖は着用する場面が限定されますが、色留袖であればより幅広く着用できます。

喪服

喪服

喪服は葬儀や法事で着用される服装です。服喪期間中の行事に近親者が不祝儀の正装として着用します。一般的に喪服は、喪主の妻をはじめとした遺族が通夜やお葬式のような不祝儀に着用します。

参列者が着用する準喪服や略喪服もあり、弔辞の種類や参列する立場で使い分けるものです。喪服といえば黒喪服を指すことが多いものの、色喪服も存在しています。

黒喪服は、黒地に五つ紋が付いているのが特徴。葬儀のほか、偲ぶ会でも喪服が使われることがあります。喪服を着用するときには、服装だけでなく、ヘアスタイルやネイル、メイクにもTPOに合わせるようにします。

付下

付け下げ

付下は準礼服に近い着物で、未婚既婚を問わずに着用できます。反物のまま柄が全て上に向くように染めてあるのが特徴。訪問着が袖や襟の縫い目をまたいで図柄が描かれるのに対して、付下は縫い目をまたぐことなく独立したポイントとして飛び柄が入れられています。

付下は、カジュアルなシーンからセミフォーマルまで対応できるため、使い勝手が良い装いです。柄が主張しすぎないため、帯や小物とのコーディネートを楽しみたい人にも適した着物です。

色無地

色無地

色無地は、その名前からもわかるように一色無地染めの着物。三つ以上の紋をつければ準礼装として扱われ、一つ紋の場合には略礼装となります。紋がついていない無紋の場合には、お洒落着としてカジュアルなシーンで着用できます。

色無地はシンプルで初めての着物にもおすすめされます。紋の数や合わせる帯によって、フォーマルからカジュアルまで多彩な用途に活用できる着物です。

小紋

小紋

小紋は日常的に楽しめるお洒落着です。模様の大小に関係なく繰り返し模様が施されている着物の総称として小紋と呼ばれています。小紋は色柄の種類が豊富で、格式も多様です。

小さな絵柄が点在する飛び柄のもののほか、着物全体に柄が繋がる総柄があり、同じ小紋でも与える印象は全く違います。かわいらしい雰囲気の飛び柄に対してダイナミックな総柄は華やか。

珍しい色柄の小紋をいろいろと集めて、帯や小物とコーディネートを楽しむ人もたくさんいます。

浴衣

浴衣

浴衣は夏の風物詩として、普段着物に親しんでない人でも楽しめます。浴衣は、もともと夏用の素肌に羽織る湯上り用の着物を指す言葉です。

浴衣の多くは綿素材ですが、麻や絹などの高級な素材を使って仕立てられることもあります。

希少性の高い上布や絞り、縮等が使われている高級浴衣も販売されています。希少性が高い素材や、作家物の浴衣は、高額査定も期待できるでしょう。

紬

紬は、糸をあらかじめ染めて模様を織って出していく着物です。糸を作る際にできる節(ふし)が紬の大きな特徴。白生地から色を染めた着物には出せない独特の風合いが楽しめます。

紬は丈夫であることから、昔から普段着として使われてきました。ユネスコ無形文化遺産に指定されている結城紬や大島紬、久米島紬等の名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

古い歴史がある紬や、伝統工芸品や重要無形文化財に指定された紬、希少性が高いものは高値で取引されています。

高値が付きやすい着物の特徴

あらゆる種類や生地の着物がある中、高価買取を期待できる着物があります。

高値が付きやすい着物の特徴を紹介するため、売りたい着物にあてはまるか確認しましょう。

未使用の着物

一度も着ていない着物は、一度袖を通した着物より高く売れる傾向にあります。

着物は直接肌に触れるため、できる限りきれいな状態の着物を買いたい人は多くいます。

未使用品の方がきれいな中古品よりも人気があるため、未使用の着物の方が高い値段がつきやすいです。

天然素材で織られた着物

着物の中でも天然素材で織った生地を使ったものの買取相場は高めです。

天然素材とは絹や麻、綿で、それらの生地で作った着物は見た目が美しいだけでなく、着心地の良さから好まれます。

特に原材料が絹100%の生地を正絹と呼び、着物の中で最高級品のため、正絹の着物は高く売れるでしょう。

ただし天然素材はカビ・シミがつきやすいため、長く保管すると価値が下がる場合もあります。

タンスへ入れたままにするうち、生地が傷んでしまわないためにも、売ろうと思ったときすぐに査定へ出しましょう。

伝統工芸品や有名な作家による着物

100年以上続く伝統技法で作られた伝統工芸品の着物や、無形文化財の保持者である人間国宝が作った着物は、高額査定を期待できます。

どちらももともと価値が高いため価格も高価で、自然と買取額もアップします。

しかし本来の価値が高い着物であっても、

などの着物は査定額が下がりがちです。

紬(つむぎ)の買取相場、人気の種類や査定ポイントを解説

友禅染め着物の買取相場、人気の種類や査定ポイントも解説

有名な産地で製造された着物

全国各地にある伝統的な織物で有名な産地で作った着物は、人気があり価値も高く、高値がつきやすいです。

知名度が高いため、着物に詳しい人から初心者まで興味を持ちやすく、再販率の高さも買取額に反映しています。

ちなみに、価値の高い着物には落款や証紙がついており、希少価値の高い着物の証明になります。

落款は着物のおくみや襟元にある場合が多いです。

丈が長く大きめの着物

一般的な着物よりも長い丈の着物は、買取額がアップしやすいです。

大きめの着物は体型をカバーしやすく、幅広い体型の人が着られることから買い手が付きやすいためです。

丈が長い分多く生地を使っており、仕立て直しやすいメリットもあります。

着物を売却する際の注意点

着物の売却を考えるとき、点数が多いほど準備を整えてから査定に出しましょう。

この章では、着物を売るときの注意点を簡単に説明します。

売却する着物の状態や枚数を把握しておく

売りたい着物が何枚で、それぞれの状態を説明できるよう把握してから買取査定に申し込みましょう。

店舗へ着物を持ち込む場合は現物を見せられますが、出張買取の場合店舗側では現物を見られないため、売りたい人からの情報が頼りです。

できるだけ具体的な枚数と状態を伝えると査定員はスケジュール調整がしやすく、スムーズな出張買取に繋がります。

持ち運びの方法を考慮する

着物を買い取って欲しいものの手間をかけられない場合、出張買取対応の店舗を選びましょう。

買取店が近くになければ店舗までの交通費や時間がかかります。

売りたい着物が大量にあり手で運べない場合、車で運搬する手間も必要です。

出張買取実績の豊富なショップへ問い合わせすると、着物の買取がスムーズに進むはずです。

査定時に対応の悪い業者を見極める

着物の買取にまつわるトラブルは多いため、たとえ査定中や査定後であっても、対応が悪いと感じれば売却を断りましょう。

悪質な業者を見極めるポイントは、

などです。

申込時の対応からチェックして不安を感じた場合、売却の中止をおすすめします。

中には対応が良い悪質業者もいるため、あくまでポイントの一例と捉えてください。

着物とセットで売りたい和装小物

着物を着るには欠かせない和装小物は、着物と一緒に売ると査定額アップの可能性があります。

この章では和装小物のみで査定に出した場合の買取相場を紹介します。着物とあわせて売った場合、さらに総査定額が高くなることが期待できます。

和装小物の種類 買取相場(単品の場合)
羽織 100~20,000円
帯揚げ 500~2,000円
帯留め 100〜1,500円
帯締め 2,000〜3,500円
和装バッグ 100〜3,000円
草履 ~5,000円

和装小物(帯留め・足袋など)の買取相場を解説

着物をなるべく高く売るコツ

自宅に眠っている着物をできる限り高く売るには、コツを押さえた行動が大切です。

店舗へ持参する前にできる行動を4つ紹介するため、1円でも高く着物を売りましょう。

売却するタイミングを見定める

着物の需要が最も高くなる時期に、タイミングを見計らって売りましょう。着物を着る行事、例えば成人式や七五三などの頃に着物の需要は高まります

買取店は多くの在庫を持つために、イベントが近づくと積極的に着物を買取します。

少し前になると最も買取額が高くなりますが、時期を逃すと大きく下がるため、注意しましょう。

証紙やたとう紙を忘れずに

着物を購入したときに付いていた、「証紙」と「たとう紙」も着物と一緒に売却します。

証紙は着物の価値を証明し、着物の生地でできたはぎれのラベルです。

伝統工芸品の着物の場合、その着物マークや登録商標などが載っています。希少価値の高い着物ほど証紙は重要で、有無により大きく買取額が変わります。

証紙だけでなくたとう紙も同様で、着物と共に売った方が査定額アップを期待できます。

簡易的なメンテナンスを行う

着物はきれいな状態の方が買取額は高くなりやすいため、できる範囲で汚れを落として査定に出しましょう。

あくまで簡単なメンテナンスにとどめ、自宅での水洗いは避けましょう。

自宅での具体的なメンテナンスは、やわかいタオルで軽く拭く・ほこりを取る・あて布をしてアイロンをかける程度にし、着物の状態を保って売ります。

買取専門店への持ち込み

着物買取をするショップの中でも、買取専門店への持ち込みが高く売りやすいです。

着物買取専門店を掲げる店舗の中には、着物関連商品以外に食器や洋酒、金券、アクセサリーも扱う場合があります。

着物や和装小物だけでなく、あらゆる品物をまとめて査定に出すと、総額でプラスされる可能性があります。

買取専門店は鑑定士が在籍しており、着物など数々の商品を適正に査定されるため納得の買取になるはずです。

着物バイヤー
平野 利記

鑑定士として約9年。
創業初めから事業に携わり、これまで鑑定してきた物は多岐に渡る。
現在は全店舗からの買取価格の確認を受け、相場を解答する相場確認者を担うほど、品物の価値・市場価格を熟知しております。

数ある取り扱い商材の中でも、特に「着物」の査定数は圧倒的。
作家着物をはじめ和装小物まで幅広いカテゴリの知識を有しております。
お問い合わせ・ご相談・無料お見積もりもご依頼は