カンタン30秒
ロードバイクの買取査定

姓名
ふりがな
  • 次のステップへ
都道府県
電話番号
(ハイフン無し)
  • 戻る
  • 次のステップへ
ご希望の買取方法
(個人情報の取り扱いについて)

  • 戻る

更新日
2021.12.17.

ロードバイクの買取相場や売却時の注意点を解説

通話料無料・まずはお電話ください。
受付時間/9:00~20:00[年中無休]

「自分の持っているロードバイクがいくらになるか知りたい」
「ロードバイクをできるだけ高く売りたい」

乗らなくなったロードバイクをお持ちの方の中には、このような要望を持つ方も多いことでしょう。ロードバイクは高価な自転車で、手放す時にもできるだけ高く売りたいと思うものです。

「自分の持っているロードバイクの買取価格を知りたい」という方に向けて、ロードバイクの買取相場とロードバイクを高く売るコツなどを紹介します。

ロードバイクの高値買取のために参考にしてください。

ロードバイクの買取相場一覧表

ロードバイクの買取相場を一覧表にまとめました。ロードバイクのモデルは多いため、実際に買取されているもの、人気モデルなどを紹介します。

買取相場は変化しやすく商品の状態によって左右されるため、一つの目安としてご覧ください。

ブランド 商品名 買取相場
ジャイアント(GIANT) CONTEND 2 (2020 NEW) 28,000円〜30,000円
TCR SLR2 2015年 コンポ 105 Sサイズ 40,000円前後
PROPEL ADVANCED2 105 ~88,000円
スペシャライズド(Specialized) RUBY 2015 SHIMANO 105 44cm AXIS 2.0 55,000円前後
S-Works Tarmac ~160,000円
ビアンキ(BIANCHI) FENICE PRO 2018 ~75,000円
VIA NIRONE 7 ~40,000円
サーベロ(Cervelo) S5 ~130,000円
R3 カスタム ~180,000円
キャノンデール(Cannondale) SIX Carbon 5 105 ultegra 35,000円前後
CAAD10 105 サイズ48 15年モデル 40,000円前後
Supersix Evo Hi-mod ~110,000円
トレック(TREK) TREK 2.1C ロードバイク 2010年モデル 30,000円前後
スコット(SCOTT) SCOTT SPEEDSTAR 30 Mサイズ SORA 15,000円前後
フジ(FUJI) FUJI ROUBAIX AURA 2016年 25,000円

 

高価買取が期待できるロードバイクの人気ブランド

高値買取が期待できるロードバイクの人気ブランドの特徴や買取相場について紹介します。

ロードバイクは高価なものが多く、買取価格も定価に応じて高値の付くものがありますが、中でも人気ブランドは高値査定が期待できます。

ジャイアント(GIANT)

ジャイアントは、台湾の自転車ブランドで、高いコストパフォーマンスと性能の両立で人気を集めています。中古買取では、定価の40%前後が相場となっています。

初心者でも乗りやすく、通勤や通学からロングライドまで幅広く使えるモデルが多いのも魅力です。

スペシャライズド(Specialized)

スペシャライズドは、アメリカに本社を置くメーカーです。中古相場としては、オールラウンドロードバイクの「S-Works Tarmac」が高値を付けるほか、さまざまなモデルで比較的高い買取相場を出しています。

マウンテンバイクで有名となり、さらにロードレース界でも注目されるようになりました。

女性ライダー向け自転車にも注力しており、幅広いラインナップを持っています。

ビアンキ(BIANCHI)

ビアンキは、創業130年を超えるイタリアの老舗自転車ブランドです。買取価格は高いものでは定価の50%近くまで出ることがあります。

パステルグリーンはビアンキを象徴するカラーで、チェレステと呼ばれています。

ロードバイク以外にも高い人気と信頼を集め、中古ロードバイクも高値買取が期待できるブランドです。

サーベロ(Cervelo)

サーベロはモントリオール大学で電子工学を学んでいたフィル・ホワイトとオランダからの留学生であるジェラルド・ブルーメンによって始まったブランドです。

タイムトライアル用マシンの作成から始まり、流体力学に基づき設計されたカーボンフレームで有名になりました。

買取相場は定価の30%程度ですが、もともとの価格が高いため状態の良いものでは10万円台が出ることも珍しくありません。

キャノンデール(Cannondale)

キャノンデールは、アメリカの人気自転車ブランドです。キャノンデールのロードバイクの買取相場は定価の30%くらいとなっています。

「CAAD」シリーズをはじめとしたアルミフレームが特徴となっています。

また、独自の技術「Lefty」など、アイデアと開発に優れ、先駆者として他社を牽引してきました。

買取価格はどう決まる?ロードバイクの査定ポイント

ロードバイクを査定する際に買取価格に大きく影響を与えるポイントについてまとめました。

査定を左右するポイントをチェックしておきしょう。

ブランドやモデルの希少価値

ロードバイクの買取価格は、ブランドやモデルの希少価値に左右されます。知名度が高く、品質が良いとされているブランドやモデルは、高値が付きやすく、知られていないブランドは高値が期待できません。

人気ブランドの中でも、特に限定モデルなどの場合には希少価値がよりアップして高値になる傾向です。

年式

ロードバイクの買取価格は、新しい年式のものが高くなりやすい特徴があります。

ロードバイクは基本的に実用性の高いアイテムであり、新品のもの、リリースから日が浅くて型番も新しいものの方が高くなります。

中には、年代物のロードバイクに希少価値などで高値が付くこともありますが、基本的には新しいものが高い傾向です。

商品の状態

ロードバイクは実用品なので、商品のコンディションも重要です。

新しいことはもとより、コンディションが良好で劣化などが少ない方が高値が付きやすくなります。

また、新しくても汚れて劣化していると、古くても状態の良いものの方が高値になることもあります。べダルやサドル、チェーンといったパーツごとのコンディションにも注意が必要です。

付属品の有無

ロードバイクを高値で買取してもらうためには、付属品がそろっていることも大切です。

付属品としてそろえておきたいのは、説明書や販売証明書などの書類があります。

また、カスタムをした際には外したパーツなどもそろっていることが重要です。付属品がなくても買取できることはありますが、不足している分査定額が下がる恐れがあります。

ロードバイクを売る前に注意すべきポイント

自転車の売却は、ほかの商品を売るときとは異なる手続きが必要です。

防犯登録の抹消を行ったり必要書類が多かったりと、準備に手間がかかるためポイントを押さえて効率的に準備しましょう。

以下でロードバイク売却のポイントについてまとめました。

売る前に防犯登録の抹消が必要

ロードバイクをはじめとした自転車を売却する際には、事前に防犯登録の抹消が必要です。

登録したままで売却すると、そのあとで犯罪などに使われた場合、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

ただし、防犯登録は7~10年で切れるため、既に切れている場合には抹消手続きは必要ありません。

事前に自転車保険を解約しておく

ロードバイクを売却する際には、加入していた自転車保険の解約も必要です。

ロードバイクを購入した時、万が一事故に巻き込まれた時のために自転車保険に入ることもあります。

その場合には、売却とともに保険を解約しておかないと、自転車は手元にないのにずっと保険料を支払うことになります。

保険会社に連絡をすると解約できるので、売却の際には必ず手続きしておきましょう。そのままにしておいて次の持ち主が事故を起こした場合、トラブルになる可能性もあります。

ロードバイクを売るための必要な書類を揃える

ロードバイクを売るためには、他の商品とは違った必要書類の準備が必要です。

本人確認ができる身分証明書はすべての買取で必要ですが、それ以外にも自転車の所有者証明書類が必要となります。

所有者証明書は盗難自転車の売買を防止するために求められる書類です。販売証明書をはじめ、保証書や防犯登録の控え、領収書などが証明となります。

ロードバイクを高く売るコツ

ロードバイクを高く売るためには、準備としてやっておきたいことがいくつかあります。

ちょっとした行動や下調べが売却額を高めることがあるため、試してみましょう。

メンテナンスやクリーニングを行う

ロードバイクを高く売るためには、簡単にでもメンテナンスやクリーニングをしておきましょう。

外で使うロードバイクは、泥汚れやほこり、湿気による錆などが目立ちます。出来る範囲できれいにしておくことで、高値が付きやすくなります。

泥汚れは水で拭き取り、チェーンは専用のクリーナーを使って汚れを落としましょう。さらにチェーンには注油をして、ネジのゆるみなどをチェックします。

こうしたメンテナンスは定期的に行っておくと常に良い状態を保てて、頑固な汚れや劣化を軽減できます。

売却するタイミングに注意する

自転車の需要が高まりやすい時に売却することも高値を付けるのに大切です。ロードバイクの需要は春に増えやすく、3~4月に売却すると高値が期待できます。

また、シーズンに関係なく、ニューモデルがリリースされると旧製品の買取価格は下がるため、ニューモデルが出る前に売ることで値崩れを避けられます。

買取専門店で査定を依頼する

ロードバイクの査定を依頼する先を選ぶことも大切です。買取専門店で査定を依頼すると、専門の査定担当者が丁寧に査定を行います。

買取専門店は、査定の知識も豊富で、ロードバイクも適正価格での買取が期待できます。

また、買取専門店では、ほかの商品と一緒に査定すると価格が高くなることもあるため、複数の商品を合わせて査定に出すことも大切です。

ブランドバイヤー
戸田 めぐみ

創業当初からの鑑定士。
長年、江南店店長を務め、現在では岐阜エリアの店舗をまとめる役割も担っております。

特に「ブランド」に精通。トレンド・デザイン・希少性・年代など様々な点からお客様とお品物の歴史や思い出に寄り添った丁寧な査定をいたします。
長年大切に使われてきたブランド品だからこそ、よりよい状態で次の方に繋ぐお手伝いをさせていただきます。
お問い合わせ・ご相談・無料お見積もりもご依頼は